2019年10月2日、タイのRUN(Research University Network)に属している教授や博士、県知事など総勢24名様が、ユニアデックスを訪問されるということで、NexTalk編集部が取材に行きました!

RUN(Research University Network)とは、タイの国家レベルの研究に従事する8大学(チュラロンコーン大学、タマサート大学、マヒドル大学、カセサート大学、チェンマイ大学、コンケン大学、プリンス・オブ・ソンクラ大学、ナレスアン大学)の研究機関のことです。

タイではタイ政府が提言しているThailand4.0 (タイランド4.0)という長期的に目指すべき経済社会のビジョンとして、高齢者介護やスマートシティ、ヘルスケア、IoT、スマート農場などの推進が掲げられています。RUNは、これらについて国家レベルの科学技術開発を行うため、専門知識を交換しながら研究と革新プログラムを推進しています。今回の日本訪問の目的は、RUNと同じ専門分野や研究に従事している大学やベンチャー、IT企業を訪問し、新技術や動向調査を行うことです。

ユニアデックスには、IoT関連の取り組みや事例に対する意見交換を目的に来社されました。ユニアデックスも産学連携による共創ビジネスが、デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速化させると考えているため、今回の訪問を非常に楽しみにしていました。

画像: (左)「サワディー クラップ (こんにちは)!」とタイ語のあいさつからはじめた ユニアデックスDXビジネスの責任者 中村 。「DXを実現するための新たなビジネスを提供し、お客さまに貢献している。今回の産学交流を今後のビジネスにつなげたい。」と話した。(中央) Reserch University Network(RUN)の代表であるチュラロンコン大学のTechakumphu教授 。「大学と企業の連携を強化するためユニアデックスを訪問した。タイも日本と同様に高齢化社会であるため、農業の生産性向上を支援する『スマート農業』戦略を進めている。特に『養豚分野の取り組み』について情報交換したい」と挨拶。(右)今回のコーディネーターの ネットマークス タイのウィセ社長

(左)「サワディー クラップ (こんにちは)!」とタイ語のあいさつからはじめたユニアデックスDXビジネスの責任者 中村。「DXを実現するための新たなビジネスを提供し、お客さまに貢献している。今回の産学交流を今後のビジネスにつなげたい。」と話した。(中央)Reserch University Network(RUN)の代表であるチュラロンコン大学のTechakumphu教授。「大学と企業の連携を強化するためユニアデックスを訪問した。タイも日本と同様に高齢化社会であるため、農業の生産性向上を支援する『スマート農業』戦略を進めている。特に『養豚分野の取り組み』について情報交換したい」と挨拶。(右)今回のコーディネーターのネットマークス タイのウィセ社長

画像: (左) ユニアデックスIoTビジネスの責任者 山平 。会社紹介、製造系IoTの世界とアジアにおける経済政策動向、当社のDX/IoTビジネスのコンセプトと取り組み内容、事例を紹介した。「政府機関に対して、アドバイスや支援、IoT関連の提案をしているのか?」など参加者から質問があがった。(中央) ユニアデックスIoTビジネスの担当者 鈴木 。製造系IoTの取り組みを紹介。(右) ユニアデックスIoTビジネスの担当者 椿 。養豚IoTの取り組みを紹介。

(左)ユニアデックスIoTビジネスの責任者 山平。会社紹介、製造系IoTの世界とアジアにおける経済政策動向、当社のDX/IoTビジネスのコンセプトと取り組み内容、事例を紹介した。「政府機関に対して、アドバイスや支援、IoT関連の提案をしているのか?」など参加者から質問があがった。(中央)ユニアデックスIoTビジネスの担当者 鈴木。製造系IoTの取り組みを紹介。(右)ユニアデックスIoTビジネスの担当者 椿。養豚IoTの取り組みを紹介。

画像: プレゼンテーションを熱心に聞かれています

プレゼンテーションを熱心に聞かれています

画像: タイ参加者のプレゼンテーション。タイの養豚IoTの取り組みと未来のモビリティー戦略をご紹介くださいました

タイ参加者のプレゼンテーション。タイの養豚IoTの取り組みと未来のモビリティー戦略をご紹介くださいました

【意見交換】
参加者とは英語で活発な議論が行われました!「タイランド4.0の実現に向け、技術活用のアドバイスや技術支援、提案などをしていただけるのか」「PoCやPoBについてもう少し詳しく教えてほしい」「ユニアデックスとネットマークス タイの関係は?」など質問がありました。時間切れになってしまい、質疑応答時間が短かったのですが、これからの深い交流に期待したいですね。

画像1: 【レポート】タイの国家レベルの研究に従事する8大学の方々が、ユニアデックスを訪問!産学連携を目指して(2019年11月28日)

【帰国後に感想が寄せられました】
ユニアデックスのIoTソリューションやサービスが、タイのスモールビジネスにも有益であると感じました。さらにユニアデックスのサービスが、グローバルでも利用可能なのか興味があります。中小企業向けの生産効率化(工程進捗管理)ソリューションに非常に興味をもちました。精度の高い農場経営や都市の計画管理スマートシティー分野で、タイのプロジェクトと共同で開発・研究などできると良いと思いました。技術者交流や交換留学、学生インターンシップの受け入れを検討してほしいです。

ユニアデックスにご訪問くださり、ありがとうございました。タイランド4.0の実現に向け、今後も交流を重ねながらご支援できれば嬉しいです。また、ぜひユニアデックスにお越しください!

画像2: 【レポート】タイの国家レベルの研究に従事する8大学の方々が、ユニアデックスを訪問!産学連携を目指して(2019年11月28日)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.