豊洲界隈のランチのお店をご紹介する「トヨメシ」も第4回目になります。今回は、有楽町線豊洲駅前という好立地に建つビルの2階に店を構えてから26年目を迎える、「福田家」さんを訪ねました!こちらは、店主自らが築地で仕入れたその日最高のお魚をお刺身や焼き魚で食べられることが人気の老舗店です。「本編」の前に、ちょこっと取材模様をお届けします。

ユニアデックス本社から豊洲駅方向に歩いて行き交差点に差しかかると、「福田家」と大きくかかれた看板がどーんと目に飛び込んできます。ご存知の方も多いと思いますが、ユニアデックスの社員も昼に夜に、お世話になっているようです(笑)

第3回にご登場いただきました「万福食堂」さんからご紹介されましたので、取材スタッフは期待大!でお店に向かいました。すでにランチ営業は終了していて、夜の仕込みで大忙しの中にお邪魔したのですが、店主の福田さんは笑顔で出迎えていただきました。ありがとうございます。

画像: レトロなポスターなどが飾れている店内は、日差したっぷりで広いです。

レトロなポスターなどが飾れている店内は、日差したっぷりで広いです。

インタビューの中で福田さんは、「店の宣伝は積極的にしていない」とおっしゃっていましたが、試食させていただいた「お刺身定食」と「焼き魚定食」は、想像以上の鮮度とネタの豪華さと美味しさで一同、「オイシ~♪」と合唱。その他、自家製ハンバーグ定食など7品ほどあり、ランチ時は近くの会社のビジネスパーソンでにぎわっていることに納得です。

画像: お刺身、3切れづつです^^新鮮で、まぶしいです。小鉢、ごはん、味噌汁、おしんこ付きの定食で、 なんと!950円ぽっきり。早いもの勝ちです。

お刺身、3切れづつです^^新鮮で、まぶしいです。小鉢、ごはん、味噌汁、おしんこ付きの定食で、
なんと!950円ぽっきり。早いもの勝ちです。

6本編では、洗い場から始まった修行時代に職人さんから学んだこと、開業してからの味・接客などに対する店主ならではのこだわりなどについてご紹介します。チカラ強く「現場が一番大事!」という心意気でお客さまに接していらっしゃるお姿は、当社とも通じる想いでありとても共感できました。
「福田家」さんの新しい情報もお届け予定ですので、6月号をお楽しみに!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.