2014年3月1日、ユニアデックス株式会社は、株式会社ネットマークスと合併統合するにあたり、創業以来約17年使用してきた企業ロゴを刷新しました。

画像: 新生ユニアデックス始動。ロゴマークをリニューアルしました。お客様を支え、社会を支えるインフラトータルサービスNo.1へ。(2014年03/11号)

新しいシンボルマークには次のような思いと決意を込めています。

● Both Wings(両翼)の意味を込めた Uのマーク
お客さまのビジネスの飛躍を支える“翼”になりたい。

● 両手でささえるようなイメージ
お客さまに寄り添い、盤石なサービスを提供してまいります。

● オーシャンブルー
お客さまの幅広いニーズに応えるため、「広く」「深く」サービスを提供してまいります。

新生ユニアデックスは、サーバー、ネットワーク、デバイスなどを統合的に取り扱い、ICTインテグレーション、システムマネジメント、ファシリティー、保守サポート、グローバル対応、さらには複数のクラウドサービス利用を支援する「クラウドフェデレーションサービス」などを軸に、ICTをベースとした社会基盤を支えていきます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.